イッソ・エッコ 古屋興一・・社長の想いあれこれ・・


by issoecco-apple
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今回の東日本の災害は数百年に一度とも言える未曾有のものと言われます。
特に福島の災難は言葉に言い尽くせないものがあります。
私ども東京に居る者は、テレビに映し出されている被災地の映像を
つい傍観的に見てしまい、イメージ的な言い方になり申し訳ありませんが、
“被災地の皆さんの心を抱きしめたいような”気持ちになります。
避難先には、寒さをしのぐ“毛布”など多くの日常品が各地から
送られているようですが、春から夏にかけて暖かくなると、毛布に代わって
“タオルケット”が重宝かもしれません。

タオルと言えば、日常品の典型で、毎日何気なく使っている便利なものの一つです。
本来の用途として、お風呂からあがればバスタオル、顔を洗えばフェイスタオル、
手を洗えばハンドタオルを使い、ポケットやバッグに入れて外出する時には、
タオルハンカチになります。
外で体を動かす時は首に巻いて汗を拭いたり、最近ではジョギングやお散歩の時に
タオルマフラーとして首回りをオシャレにします。
また、赤ちゃんを包んだり、すやすや眠っている上からやわらかなガーゼタオルを
そっと掛けてあげたりもします。そして、幼い子供が寝る時に、
自分のお気に入りのタオルを触ったり、頬ずりしたりしながら
安心して眠りにつく話もよく聞きます。少し古くなったタオルは、
色々な物を拭いたり、最後は雑巾になって使われます。
本当にタオルは生活の様々な場面で何気に使われる“けな気”な存在です。

isso eccoのタオルは、素材も身体にやさしい糸を使って作られ、
ふんわりと柔らかな手触りに加え、カラフルな色が楽しめます。
その上、美しい模様が織り込まれ、オシャレにデザインされています。
思わず、“抱きしめたいような”可愛らしいタオルなのです。

e0168701_16503344.jpg
e0168701_16505292.jpg
e0168701_1651773.jpg

[PR]
by issoecco-apple | 2011-04-07 16:52