イッソ・エッコ 古屋興一・・社長の想いあれこれ・・


by issoecco-apple
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

What is Fashion?

「ファッションってなに?」という見出しの連載記事を朝日新聞で読みました。
「黒の衝撃」と騒がれたパリ・コレでの鮮烈なデビュー以来30年の山本輝司(67)さんは、
「ファッションは、生きざまを表すものです。人の印象を語る時に、
物静かだとか、偉そうだとか“面影”を言いますでしょう。
その人の“面影”を作るのにファッションが大事な手助けをするのだと思うのです。」
と言います。しかし、
「最近のファッションは、髪から爪の先までプロ任せの没個性化や、
幼児性への熱狂、度を越した露出ぶり・・・。そんな姿って面影もクソもない。」
と話していました。

また、フランスを代表するデザイナーとして人気を得ているジャンポール・ゴルチェ(59)
さんは、彼がファッションの垣根を取り払おうとしてきたことについて、
「どんなものでも美しい、という見方があると伝えたかったのです。
若くて完璧な体形でなくても、その人の個性を素敵に引き出せる。
ファッションとは、宗教や文化、慣習にとらわれずに、全てを取り込んで
解放することだと思う。」と言っています。しかし、
「ファッション界は、90年代以降のブランドビジネスの世界的な拡大に伴って、
人がついてこられなくなったのだと思う。ケーキがいっぱいあり過ぎると
食べる気がしないのと同じ。人々に夢を与えるためには、もっと業界をコンパクトにして
ファッションに創造性を取り戻すことが急務です。」と言っています。
確かに今では、ファーストフードと同じようにファストファッションと言いますか、
安価なものが大量に販売されています。しかし「ファッションには大資本だけでは
解決できない部分があることを今後も信じたい。」とゴルチェさん。

isso eccoは、今までもくり返しお伝えしてきた通り、インテリアもファッションと同じ!
という考えで商品企画をしておりますし、お二人の話には、少なからず賛同する
思いです。


e0168701_19252653.jpg

[PR]
by issoecco-apple | 2011-09-16 19:28