イッソ・エッコ 古屋興一・・社長の想いあれこれ・・


by issoecco-apple
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

女装

近頃は、かわいく女性的な服装の男子をよく見かけます。

私どものデザインスタジオが、

若者ファッションの街原宿にあるから目立つというだけではないようです。

男だって「かわいい系」のファッションが楽しいのです。

少し前にパリの若者のファッションの展示会で見た面白い装飾のバッグ


e0168701_1728562.jpg


「男の娘」と書いて「おとこのこ」と読む。

女装する男子の間では通じる言葉だそうです。

女子が「男装」を、男子が「女装」をするのは昔からあったと思いますし、

この欄でも「オネエキャラ」のブームを取り上げました。

少し前にパリの若者のファッションの展示会で見た面白い装飾のバッグ


e0168701_17281287.jpg


ここで注目するのは、「見た目は女性だけれど、中身は男性」として

10年位前から登場し、同性愛指向でも、性同一性障害でもないところが新しく、

ファッションとしても捉えられるからです。

男性ですから、恋愛対象は女性だし、勿論男の格好でも出掛けるが、

「女物の服の方が種類が多くて可愛いし、楽しいから気に入って着る」

お化粧もするし、付けまつげもする。

女性の服には「カッコイイ系」もあるのに、男性の服には「かわいい系」が無い。

女性は自由に服を選べるのに、男性がかわいいものが好きだと「変」に思われる。

e0168701_1617406.jpg

「わぁい!」(一迅社)



「男の娘」専門誌「わぁい!」(一迅社)もあるそうで、編集長は、

「男の娘は、かわいいものに魅力を感じる男の解放運動なのだ」とコメント

しているそうです。

確かにファッションで見ると、女性の服のほうが、圧倒的に選択肢が多いと僕も思います。

まあ、かわいい系の美しい「男の娘」のファッションを見るのも楽しいかも….。

イッソ・エッコの商品は「かわいい系」になりますが、

大人の人にも通じる「かわいさ」をねらっています。
[PR]
by issoecco-apple | 2013-10-25 16:50 | 女性について
昔々のことですが、

私は2年間近くヨーロッパ中を放浪したことがあります。

その時の経験で、ヨーロッパでは飲料水をボトルで買って飲んだのですが、

当時の日本では飲み水をボトルで買うことなんぞは考えられないことでした。

特にイタリアでは水道水でお湯を沸かすと、

ヤカンに白く石灰がこびり付くのが普通でした。

そこでよく飲んだのが、ミネラルウォーターのガス入りでした。

イッソ・エッコのタンブラー

e0168701_1249675.jpg


言ってみれば、甘くないサイダーのようなものだったのですが、

イタリア料理など食事をいただくときに飲むと、

口の中がスッキリして、飲み慣れるとクセになりました。

今年は夏の暑さが厳しくて、飲み物が沢山売れていました。

そんな中で、最近炭酸ガス入りの水が出てくるようになりました。

シュワっと喉を潤す炭酸水が人気のようですね。

青山の中秋の名月 その1

e0168701_20593963.jpg


炭酸ガスは身体にも色々な効果があるみたいです。

飲むだけでなく、炭酸の溶けているお湯に入浴すると、新陳代謝を促し、

血行がよくなると言われています。

元々私は小さい頃からサイダーが好きでした。

コカ・コーラもそうですが、

砂糖分を取りすぎてしまうのは良くないそうですね。

ですから、私はガス入りミネラルウォーターを飲んでいます。

青山の中秋の名月 その2

e0168701_20563364.jpg

[PR]
by issoecco-apple | 2013-10-06 20:51 | isso ecco